色彩作家・内藤麻美子

blog/お知らせ

category - "LIFE"

mnkoten19_omote

mnkoten19_ura

個展のチラシが出来ました。
色々な方にご協力いただきながら、準備を進めています。ご縁に本当に感謝です。
自分と向き合う作業は、貴重で贅沢な時間だなとわかりつつも、苦しくもあります。
あと少しの期間を大切に、今のベストをつくせたらいいなと思っています。

直接会場にお運びいただき、ご覧いただけたらとても嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
haku exhibition
色彩作家・内藤麻美子 個展

心温図  わたしの、あなたの、深い呼吸
Diagrams of the heart temperature
Deep breathing for myself or yourself
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
慌ただしい 日々の中で 何かに紛れて 見ることのできない

深いところ

それは癒しきれずに残った傷み、 行き先のない空しさや
ある日の憧れかもしれない

浮かびあがってきたものを受け止め、温かみを感じること

そして それを ”あなた”と
共有できるかもしれない 可能性に、
”わたし”は同じ人間であることの よろこび を  感じる

それは希望であり、治癒なのかもしれない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色彩作家・内藤麻美子は自身の内面を、色彩イメージと言葉を用いて表現する美術家です。
日本画顔料と水と膠(にかわ)を混ぜ合わせ、和紙に広がる多様な彩りの表情を、心の動きにみたて、作品を産み出します。
本展では、心を落ち着かせ、息を吸って吐くという深い呼吸をした後に、浮かびあがってくる想いを表現した新作展となります。
Color artist,Mamiko Naito is an artist who expresses innor emotions of own heart using color images and words.
Create the various aspects of color that Japanese pigments,water and Nikawa glue merge respectively and spread out on washi paper as detailed movement of our heart.
New works that are expressed emarging feeling after calming our mind and taking the deep breathing will be shown in this exhibition.

11月1日(金)〜11月10日(日)11:00〜19:00 ※close on Tuesday
◯Opening Reception
11月2日(土) 19:00〜21:00
Dress cord : white,black, or grayish tone color

◯Workshop -self treatment-  (予約制 各回・定員5名)
※作家と一緒に作品を鑑賞しながら、ご自身の内側と向き合い、言葉やイメージをアウトプットしていくワークショップ企画。
グループワークになるので、一緒に心を開くことにご関心がある方のご参加をお待ちしています。

[日程]11月4日(祝・月)1.19:00〜20:00 /2. 20:30〜21:30
11月5日(火)1.16:00〜17:00 /2.17:30〜18:30 / 3. 19:00〜20:00
[参加費]2000円(資料・お菓子つき)
[予約方法]ご希望の日時、お名前、電話番号を明記の上、info@mamikonaito.com まで、メールでお申し込みください。

会場  haku kyoto 〒600-8032 京都市下京区中之町566  TEL: 075-585-5959  web : haku-kyoto.com
協力:上羽絵惣株式会社 / 音育家・工学博士 小松正史 / studio HORIZONT 亀村佳宏 / ルミノシティ 小川ユウキ / 保存食LAB

DMデザイン: Mamiko Naito 英訳 : Shinya Takeda  監修 : haku kyoto


 

  • このブログをはてなブックマークに追加

enjoy_hyoshi_5ren

英語で京都の情報を紹介し続けている
ENJOY KYOTO3月号の特集ページに色彩作家の活動をご紹介していただきました。
今月号のテーマが“彩りや色”ということで 
表紙の彩りもご依頼いただきました。

enjoy_0203 enjoy_0405
↑中面のページ 表紙の制作、クライアントワークのご紹介写真
インタビューの内容は、色彩作家になった経緯から、作品に対する姿勢まで、
細やかに言語化していただきました。

 

enjoy_kim_a

表紙の色彩画は
昨年できたホテル、ENSO ANGOさん Fuya II のTatami Salonにて

enjoy_paint

自分の活動を振り返ることができて良い機会となりました。
また 私は現在、日本に住みつづけ、日本語の感覚で言葉と色をつくっていたので
今回のインタビューを通して、海外の方の色に対する視点や考え方などを もっと考えてみたい、知りたいと思うことができました。

本誌は 観光案内所やホテルなどで手入れることができるそうです。
大阪や東京にもあるそうで、見かけられた方はぜひ◎
紙面は 他にも SIONEのShowkoさんの特集、上羽絵惣さんのネイル、京あめクロッシュさんなど彩りある記事満載でした。
ENJOY KYOTOの皆さんは、大変な仕事量であろう中、ちゃんと向き合ってくださって本当に素敵な方々だなと思いました。
色々とお世話になり、貴重な経験になりました。

京都の宿泊施設、観光案内所、社寺仏閣など様々な場所で手にすることが出来るそうなのでぜひ◎

掲載にあたってご協力くださった皆さまもありがとうございました!

  • このブログをはてなブックマークに追加

usui

こんにちは! 想いや感情を色で表わす活動をしている、色彩作家の内藤麻美子です。
24節気では”雨水”を迎えましたね。”雨水”とは雪が雨に変わり、草木が芽吹き始める時季。
暦のうえでも春が近づいてきていますね。

最近は毎朝起きて、まず外に出て、空や周辺の写真を撮り、今の気温が何度なのかをチェックしています。徐々に、空が明るくなるのも早くなり、気温もあがってきて、少しずつ変動している季節を肌で感じています。でも 急に暖かくなったり、また寒くなったり振り回されるの大変ですよね、、

私はお天気と同じくらいにこころも変動するものだと、思っています。
実際に「心が晴れる」、「心の曇り」というように、心情を天気を表わす言葉で表現がありますよね。
今の心のお天気がどんな季節でどんな状態なのか、気にしてあげると、気持ちよく過ごす対策もできるように思います。雨がふりそうなら、傘を持って出かけるとか、、

私が想色の色見本を作り続ける理由の一つとして、
「心の状態を自分に問うことの意義を体感する」という目的があります。同時に、
観てくれた方が、心情について意識を向けるきっかけになったらいいなという想いもあります。

 

radio_a
さて、1月の話にはなりますが、
なぜ自分が今の活動を続けているか、どういう経緯をへてきたのかということを振り返る素敵な機会がありました。

FM Kyoto α-satation 矢島里佳さんの番組、Artisan’s Talk へゲスト出演させていただきました。矢島さんが優しくナビゲートしてくださったおかげで 色彩作家の活動や、想いについてお話しができました。

矢島さんとは初めてお会いしたのですが、優しくて聡明な女性だなあという印象でした。
打ち合わせ中に同じ高校の卒業生ということが判明し、ご縁にびっくりしました。

若くして企業し、0歳からの伝統ブラントを産み出している
株式会社和える 代表をされている矢島さん。websiteはコチラ
素敵な女性でした!

毎週金曜日、朝6時から 様々なゲストと矢島さんのトークがきけますので、気になった方はぜひ
右の赤い方は、以前、長性院さんでのグループ展でご一緒した、箔画作家としてご活躍されている野口さん。私の次のゲストで偶然スタジオでお会いしました。
紫、白、赤の彩りが面白くて一緒に写真をとってもらいました。

radio_b

滑舌よくなるよう、毎日好きな本を音読してます〜/

  • このブログをはてなブックマークに追加

こんにちは
人の想いや感情を彩りで表現する活動をしている色彩作家の内藤麻美子です。
まだまだ寒いですね。
アトリエが木造なので、エアコンでは温まりきらず
この冬、初めて灯油ストーブを購入しました。
早くあたたかい春が来て欲しいとは思いますが、冬のギュっとした寒さ、
キリッとした空気に映える、景色の彩りを楽しめることは  とても嬉しいです。

yuki_1902c

yuki_1902b

yuki_1902

この白梅の写真を撮ったのも1週間前くらいなので、
もう満開をすぎた状態になりました。着々と春がやってきています。

hakubai_1902

個人制作では個展に向けて、
試行錯誤の日々です。

今のお仕事(クライアントワーク)では、
雑誌の表紙のイメージをつくったり、
今は、東京のデザイナーさんからのご依頼で、衣服、テキスタイルのための彩りを考えております。
初めての取り組みはいつも、緊張とワクワクが両方あります。
良いものに仕上げたいです◎

春や夏に向けてお仕事のご依頼や、コラボレーションのご相談もお待ちしています。
お問い合わせフォーム、または info@mamikonaito.comまでお気軽にご連絡ください。
テーマや言葉にそって、色彩のイメージを制作いたします。

raku_1902a

それでは、撫でられて、うとうと状態の楽千代さんの写真で、
今日は締めようと思います!

なにかにハっとできる一日でありますように^^

  • このブログをはてなブックマークに追加

こんにちは想いや感情を色で表わす活動をしている色彩作家の内藤麻美子です。
今日は小雨が降るお天気ですね、、

さて今日は上羽絵惣さんでの色彩ワークショップのお知らせです。

2019年も継続して開催させていただくことになりました。

最初に開催させていただいたのは2014年なので、今年でなんと6年目!?わわわ!
お店のみなさんにはいつも暖かく迎えてもらって、感謝しかありません。

昨年から行っている試みですが、お申し込みの際に下のお名前を教えていただき、
お名前の名付けられた由来、印象から色彩作家が制作した、”命名の彩りカード”を
プレゼントさせていただいています。(参加の記念です。)
meimeicard01

1月はじめの回は、京都、和歌山、北は北海道からご参加していただきました。
昨年は、東京や神奈川、名古屋などの遠方から来て下さった方々もいらっしゃいました。
写真や作品の配色を観ると、そのときご一緒したみなさんとの記憶が蘇ります。

私が知らない所で、いつか参加したいと思ってくださる方が
いるという事実が不思議で、、
でもそういう方がまだまだ増えることを
信じて、発信を続けていきたいと思います!

私自身も楽しいし、ワークショップが終わった後の参加者の方の表情も
とてもみなさん生き生きしているので、ぜひこの”想いを彩る”という感覚をシェアできたらと思います。
ws19_sagyo
初回は封筒カードセットを作っていただくのですが、2回目以降は
壁にかけて飾れるパネル絵画制作コースも選ぶことができます。
2kaime_iko
回数重ねてご参加してくださっている方もいらっしゃいます。^^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今後の開催予定日をお伝えいたします。
2月8日(金)残席2名
3月8日(金)残席3名
4月12日(金)残席2名
5月10日(金)空きあり
6月10日(月)空きあり

【自分にむけて、想いを彩るワークショップ】
初めての方は、封筒、カードセット
2回目以降の方は、作品パネル、封筒どちらでも選ぶ事ができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯定員:先着5名
◯参加費4,000円 (材料費込み+内藤麻美子 命名の彩りカードのお土産付き)
◯場所:上羽絵惣株式会社 (四条駅から約徒歩5分)
◯時間:14:00〜16:30まで
◯対象 中学生以上

◯お申し込み方法
「色彩ワークショップ申し込み」とし、
メールアドレス info@mamikonaito.com まで
希望日時、氏名、申し込み人数、年齢、ご住所、電話番号を記入のうえ、ご送信ください。
追って、詳細をご返信いたします。
絵の得手不得手などは関係ありません。

◯内容
上羽絵惣さんの美しい絵の具(水干絵の具とチューブ顔彩)で、オリジナルの封筒カードセットをつくります。
物作りの楽しさはもちろんのこと、こころに浮かんだ誰かへの思いを、惹かれる色を混ぜ合わせて彩ります。
その色合いに名前を付けることによって、目に見える形にアウトプットすることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
内容が詳しくかかれた過去の記事はコチラ
※今年は、違う場所でですが、海外の方向けの色彩ワークショップの企画を
開催予定中です。こちらはおそらく土日開催が できそうなので、もし、土日しか
参加が難しいという方は、今後のお知らせをお待ちください◎
みなさんと彩りの時間を共有できること、楽しみにしております。

追伸:
なんとか続けてブログ更新できました!めざせ習慣化☆

後、ブログで書いたことはありませんが
何を隠そう、私は嵐が、大野君が大好きでして、、未だ心がワサワサしております。
5人に沢山励ましを貰ってきたので、その決断を応援することに迷いなどないのですが
まわりに熱烈なファンの人がいないため、突然のニュース+報道で改めてすごい人気のある人達なんだなあ
と感じました。よりプレッシャーを感じてしまわないか、追いかけられず、責められずに2年いけるのか、その後、ちゃんと休めるのかなあなど勝手に心配したりしていますが、
今まで頑張った分あったかいものに守られて、よい道になるよう願っています。

(ーファンの独り言や、、)

  • このブログをはてなブックマークに追加