色彩作家・内藤麻美子

blog/お知らせ

こんにちは大分寒さが増して、冷たい空気と紅葉が美しい季節になりましたね。
想いやテーマを彩る色彩作家の内藤麻美子です。
今日はお仕事のご紹介です。

森永製菓の新作チョコレート「ゆふてん」の色彩制作を担当させていただきました。
YUFUTEN(ゆふてん)は、「じぶんの温度感で生きる女性は美しい」というコンセプトのもと、
現代に生きる女性を応援するプランドです。

yufuten01
紙袋とチョコレートboxです。
yufuten02

yufuten03

チョコレート3種のテーマカラーと、
全体のコンセプトを元に、彩りを考えたコンセプトカラーを制作しました。
yuf_raf01
こちらは、コンセプトシートをもとに色彩設計の最終案を
提出したものです。
yuf_raf0 yuf_raf02
yuf_raf03yuf_raf04

ゆふてんwebサイトはコチラ→  www.yuften.jp/
様々な温度感を持つ女性のインタビューがstoryから観る事ができ、面白いです。

制作期間がタイトだったりと色々大変なこともありましたが、
限られた中で自分の出来ることを頑れたと思うお仕事でした。
ご縁をくださった皆様、お世話になった皆様ありがとうございました!

この企画に携わられた方のクレジットです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
logo/書道家 小筆凰外
chokolate /ショコラティエ 野口和男
sake/伏見造り酒屋 増田徳兵衛
color/ 色彩作家・内藤麻美子
management/ 森永製菓株式会社
planning/MindCreators Japan Inc.,
Support /HAUTECOUTURE INC / TONARI Co.Ltd
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テーマを元に彩るお仕事、募集中です。
コンセプトカラーや新たなオリジナルカラーイメージを作りたい方
websiteのコンタクトより、お問い合わせくださいませ。

  • このブログをはてなブックマークに追加

uebae201801
mbs06
想いを彩る色彩作家の内藤麻美子です。
先日、封筒をつくる 色彩ワークショップ11月の回が終了しました。
顔料の持つ美しさと、予想外の色の響き合いに 驚きながら 楽しく彩りの時間を過ごすことができました。
今年は残すところ12月8日14:00からの回のみとなりました。こちらは残席わずかですが、
お申し込み受付中です。

さて、2018年も引き続き、上羽絵惣さんにて色彩ワークショップを行わせていただくことになりました!
とても嬉しいです。いままでにご参加くださった皆様と、上羽絵惣の皆様に感謝をお伝えします。

2018年 日程は、基本的に毎月第2金曜日です
どうぞ宜しくお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯日程
1月12日(金)14:00〜
2月9日(金) 14:00〜
3月9日(金) 14:00〜
4月13日(金) 14:00〜
5月11日(金) 14:00〜
6月8日(金) 14:00〜
7月13日(金) 14:00〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯定員:先着6名 価格4,000円 (材料費込み+内藤麻美子 直筆色彩カードのお土産付き)
◯場所:上羽絵惣株式会社 (四条駅から約徒歩5分)
◯時間:14:00〜16:30まで
◯対象 中学生以上

◯お申し込み方法
「色彩ワークショップ申し込み」とし、
メールアドレス info@mamikonaito.com まで
希望日時、氏名、申し込み人数、年齢、ご住所、電話番号を記入のうえ、ご送信ください。
追って、詳細をご返信いたします。
絵の得手不得手などは関係ありません。

◯内容
上羽絵惣さんの美しい絵の具(水干絵の具とチューブ顔彩)で、オリジナルの封筒カードセットをつくります。
物作りの楽しさはもちろんのこと、こころに浮かんだ誰かへの思いを、惹かれる色を混ぜ合わせて彩ります。
その色合いに名前を付けることによって、目に見える形にアウトプットすることができます。

色々な情報に惑わされること無く、誰かの目線を気にするでも無く、
自分だけの、自分の中から湧いてくる想いに焦点をあて、
”想いを彩り、昇華させる” ことを感じて欲しいという事が、
色彩作家としての私の想いです。

制作後は、普段公開していない上羽絵惣さんの建物内の蔵や倉庫、タイミングがよければ絵の具を製造している
所も観ていただけます。

今までご参加くださったみなさまのの完成作品は、コチラのリンクから観る事ができます。
色の名前とともに、ぜひご覧下さい。

201610_saishin_wsp

  • このブログをはてなブックマークに追加

こんにちは、想いを彩る色彩作家の内藤麻美子です。

今日は最初に、基本的な私の想いを簡単に書いてみます。

私は、”人の想いこそ、人を動かす一番の源動力である” と信じています。
ヒアリングをしたり、いただいた言葉から、その形のない想いの印象を掴み、色彩で表現するということを行っています。
目に見えない想いは、色々な物の影響をうけ、日々変わっていってしまうものです。。
発せられた想いを留めて、その原点に立ち戻るためにも、
想いを彩り、眺めるということが価値のあることだと思っています。
その思いを軸に、クライアントさんからのご依頼、自主制作、色彩ワークショップという3つの柱で活動を行っています。

と、まだまだ拙い文章ですが 少しずつ、私自身の思いを発信していこうとおもいます。
ーーーーーーーー

さて、今年の春のお仕事になりますが、
素敵なFlower Shopのキーカラーとなる包装紙の色彩制作を行いました。

都内、銀座の新しい商業施設の中に出来る新店舗で、
クライアントさまからのオーダーは 「エッジがきいたエレガントさ」「ラフで大人な格好良さ」「パターン」
というものでした。
このイメージにそった、色彩とパターンを作るために、沢山の試作を行いました。
ouen03
ouen05
テーマカラーは上品なブルーグレー 。日本画の顔料だと、胡粉と銀鼠や群青、をまぜたり、、
ouen02
ouen06

何案もご提案した中で、決まったのがこちら↓
ouren01p
ouren05p

ouren02p
お花の包装以外にも、多方面で使用してくださっていました。

ouren04p
ouen08

東京出張の際、お店に寄せていただきました。
話題の新しい複合施設、華やかな雰囲気に包まれていました。

店舗デザイン、ディレクションをされたMさま、
貴重な機会をありがとうございました。

このブログを観て下さっている方々の生活も彩り豊かなものでありますように^^/

  • このブログをはてなブックマークに追加

おはようございます。想いを彩る、色彩作家の内藤麻美子です。
またもや久々の更新になってしまいました、、が

暑い日がつづいておりますが、みなさまはお元気でいらっしゃいますでしょうか?
夏が苦手な私は、梅ジュースを飲んで、軽い運動するようにして、夏バテ最近は、私が日々どのような想いを抱いて生活や制作をしているかを、もう少し頻度をあげてブログなどで
書いていこうと思っております。

さて、今回は、夏休み・学生さん向けワークショップのお知らせです。
上羽絵惣さまから、ご依頼をうけ、どのような企画を実施したらよいかとても悩んだのですが、
日々を自分らしく生活してほしいという想いから
2017年後半の色彩カレンダーを制作する企画を考えました。

k_work02
「2017年後半のカレンダーを制作する色彩ワークショップ」

[内容]
水干絵の具や日本画の画材などを使用して、
月ごとの色を作り、新しい月の名前を付けてもらいます。
(9月~12月分)
和紙の台紙色の配色を選び、目標や好きなことを設定し、
シールを貼付けて行く、自分だけのカレンダーになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[日時]8月18日(金)14:00~17:00
[場所]上羽絵惣株式会社
[参加対象者]10歳~18歳
[参加費]4,000円 (材料費含む)
[人数]先着5名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お申し込み希望、ご質問のある方は、
info@mamikonaito.com 宛に
件名を、色彩ワークショップ参加希望とし
住所、お名前、年齢をご記入の上お送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー k_work

k_work05
k_work03
k_work04

高校までの美術の授業ではほぼ扱われることがない、日本画の顔料、水干絵の具(すいひ)などを
使用して行う、自分だけの彩りカレンダーを作るワークショプです。この機会にぜひ ご参加ください。^^

  • このブログをはてなブックマークに追加

こんにちは 想いを彩るということを軸に活動している色彩作家の内藤麻美子です。
今日は雨がふり、山々の緑や草花が水をふくみ、いっそう美しく見えました。
少し肌寒いですが、これからの初夏の陽気を楽しみたいものです。

さて先週、MBS毎日放送さんの「京都知新」という番組で、上羽絵惣の石田結実さんが特集され、
その中で、上羽絵惣の水干絵の具を使用している作家ということで、私も少しご紹介していただきました。

明日、5月14日の朝6時までwebでも見逃し配信画像が観る事ができます。もしお時間あればご覧ください。
動画URLはこちら⇨ http://www.mbs.jp/catchup/kyoto-chishin/

mbs
mbs02
mbs03
mbs04
上羽絵惣さんの胡粉は、この場所で、一個一個箱につめられ、ラベルを貼られています。
職人さんも、お店のみなさんにも、いつも気持ちよく接していただいています。
みなさんの結束力が高い、あたたかい会社だなと私は感じます。

ishida_san
石田さんのお店を守る心意気、色に対する想いが伝わってきました。
私も改めて、観ることが出来て良かったです。

石田さんが監修される、色彩の本がまもなく出版されます。
その表紙画にも関わらせていただきました。またblogなどでご紹介したいと思います。

そして、お店の2階で毎月行っている色彩ワークショップの様子も紹介していただけて、感謝です。

mbs05
mbs06
まだまだ告知が思うように行かないので、これを機に
「美しい顔料を用いて、想いを彩る」という体験をするこのワークショップが
広まってもらえたら嬉しいです。

上羽絵惣の皆さま、色彩ワークショップに参加してくださり、撮影を承諾してくださった皆さま、
ディレクターさま、ありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

  • このブログをはてなブックマークに追加